向いている習い事

みなさんは小さい頃に、学校以外の場所に習い事で通っていた事はあるでしょうか?体を動かして行うスポーツや、机に向かって行う習い事もあります。ここ最近では、一人の子供に習い事を複数通わせる家庭が増えてきています。文武両道ということばがあるように、どちらの分野でも優れた面を発揮できるように、習い事はスポーツと勉強を通わせる事が多いようです。

また、中には習い事自体は日常生活に直接は関係してこないものであっても、生活していく上で基礎になるということで通わせる習い事もあります。親が通わせたい習い事と、通う本人であるお子さんが希望する習い事は必ずしも同じとは限りません。将来的な事を考えて親の立場から選んだものでも、その意図などを全て理解するのは子供にとってはとても難しいことです。社会経験がある私達大人の目線から見た意見も重要ですが、本人が納得しないままであったり、無理強いしてしまってはなかなか続かないものです。お子さんが小さいのであれば、親が考えて選ぶことが多いかと思います。日頃の生活から好きそうなことをやらせてみると才能を伸ばせるかもしれませんね。日頃触れたことのない分野をやらせてみる場合には、体験教室などを行っているところも多いので利用してみるといいでしょう。

自ら進んで学ぶ事ができるような習い事を選ぶには、まだ小さいからとすべて大人だけで決めていくのではなく、本人の意見を聞き話合って決めていくことも大切です。将来の子供の事を考えてどの習い事に通わせるか悩んでいる保護者の方も多いと思いますので少しでも参考になればと思います。